動かない時計、傷んだ時計直します。

腕時計・柱時計・置時計・アンティーク なんでもご相談ください

修理カルテ

光精舎

● 愛知 光精舎製 大正時代

今まで使用していたが、時間が遅れるので直してほしいとのこと。 オーバーホール(分解掃除)をすることにしました。 木枠は今の状態をそのままということで手をつけません。

1

持込時の状態です。 化粧ガラスが割れてしま っているのが残念です。

2

先ずは木枠とムーブメント を分けます。

3

動作に異常が無いため ゼンマイを解いて このまま洗浄します。

4

ベンジン液に浸けながら 洗います。

5

臍(ホゾ)にたまった 油糟や長年使用による鉄 粉を刷毛で良く洗います。 ※臍=歯車の軸をはめ込 んでいる部分

6

機械(ムーブメント)の 調子も見るために木枠に 戻します。

7

3~4日様子をみます。 (遅れ進みを加減します)

8

文字盤を付けて更に調子 をみて完成です。 今回は木枠の磨きなどは 行わずにそのままの状態 がご希望とのこと。

腕時計

掛時計

置時計