動かない時計、傷んだ時計直します。

腕時計・柱時計・置時計・アンティーク なんでもご相談ください

修理カルテ

SEIKOSHA

● SEIKOSHA 丸型掛時計

親子にてご利用頂いております、K様からの依頼品です。

 

振り子が小さく、短いために本体の中に収まっています。
定期オーバーホールです。

 

1

だいぶ煤けていますが、ご使用の証。
だんだん遅れてしまうようで、油切れでしょうか?

2

ムーブメントはキレイですね。 SEIKOのスタンダードな機械です。

3

ムーブメントを外して分解洗浄をします。

4
振り子は下の小窓から取り外します。

5
ムーブメント画像です。

6

特に故障箇所は無いと思っていたのですが、 ゼンマイの逆転防止ツメの押さえバネが破損
していました。

7
ムーブメントの分解画像です。

8
ゼンマイの外して、付着した古い油を洗浄します。

9
ムーブメント組上げ画像です。
腕時計などにくらべると、部品は大きいのですが、 2枚の地板のみで構成されていますので、 組上げは大変です。

10
ムーブメントが組み上がりました。
このままの状態で動作確認をします。

11

臍(ほぞ)と呼ばれる軸受けです。 ココにも注油をします。

           

12

多数ある臍全部に注油し再度動作確認をします。

13

ゼンマイを巻いたり解いたりして馴染ませます。 同時に油が行き渡るようにします。

14

箱(外装)にムーブメントのみを装着して、
またもや動作確認をします。
           

15

最後に文字盤、針を付けて遅進調整をして 完成です。

ありがとうございました。


           

腕時計

掛時計

置時計