動かない時計、傷んだ時計直します。

腕時計・柱時計・置時計・アンティーク なんでもご相談ください

修理カルテ

キンツレ

● ドイツ キンツレ製 

ドイツの名門KIENZLE社 キンツレ製置時計の修理です。
今回の修理依頼は『塗装』でした。 時計屋の修理は多岐にわたります。

1

到着時の写真です。丁寧な梱包でした。長年日光に当たっていた為に塗装が剥離してしまったようです。

    

2

色々なメーカーが似型のモデルを作っていますが、 キンツレが群を抜いて良い作りですね。。。。

3

時計向って右側がダメージが大きいですね。

4

時計向って左側は大丈夫ですが、色むらが出来ないようにコチラ側も塗装します。

5

右側の拡大写真です。剥離度合いが分かりますね。

6

時計右側の古い塗装を落として(剥離)みました。 日光によるものか結構簡単に剥離出来ますが、 時計上部や左側はどうでしょうか?

7

ココまではダメージが大きかった為に 比較的スムーズに剥離できましたが・・・

8

時計左側です。 コチラ側の塗装はまだしっかりしてますので、 剥離が難しいですね。

9

剥離した塗装です。 時間が経つと硬くなってしまい、 あちこちに飛んでしまいます。

10

時計左側もキレイに剥離できました。 この塗装は『熱』に弱いので、 少し温度を上げて剥離を行いました。

11

時計上部も同様に『熱』の力を借りて 剥離完了。。。。

12

時計右側も剥離完了! 後は塗装をするだけなんですが・・・

13

塗装準備の間に機械を覗かせて もらいました。 ウェストミンスターは音が命ですからね(^^)

14

写真下の5本の鈴棒で様々な音階を つくります。 いい音するんだなコレが!!!

15

塗装剥離に使った道具です。

16

『塗装』は仕上がりました。 2度塗りしてココまでの艶を出しました。。

17

時計上部のカーブ具合が難しいですね。 塗り跡がついてしまうので苦労しました。

18

時計左側もキレイに仕上がりました。 1度塗装してあるものを再塗装は難しいですね。
(遅進調整)

19

出来上がり全体写真です。 イイ艶してると思うのですが、 自画自賛???

腕時計

掛時計

置時計