動かない時計、傷んだ時計直します。

腕時計・柱時計・置時計・アンティーク なんでもご相談ください

修理カルテ

OMEGA

● オメガ 266 K-18ケース手巻き


N様 からの依頼品です

定期OH(オーバーホール)です。

1

ギョーシェ文字盤がキレイなスタンダードオメガですね。
このタイプの代表といえばパテック・フィリップのカラトラバが有名ですね。

※ギョーシェ文字盤=文字盤の装飾技法の1つで、もっとも有名な技法。
一言で言うなら「規則正しく彫り込まれた凹凸模様(波縞模様)」。
時計師アブラアン・ルイ・ブレゲが文字盤の反射を抑えるために18世紀末に考案したもの。

 

2

あまり使用していなかったそうで、表も裏もキレイですね。

3

裏蓋を開けてみました。
これもオメガらしいブロンズ色のムーブメントです。
部品1つ1つに手が掛っていますね。

 

4
ケースからムーブメントを外しました。
風防を通さず見るギョーシェ文字盤はさらにキレイですね。

5
全分解画像です。
手巻きだけに部品数は少ないですが、 1つ1つの仕上げは素晴らしいです。

6

ムーブメントの組上げ画像です。
全く無駄のない設計に脱帽。各部品の面取りもしっかりしてあります。。。

※面取り
部品の角を削って丸くすること。磨いてあるものもある。

 

7

文字盤裏の組上げ画像です。

 

8

針付けをしてケースにしまいます。
スモールセコンドタイプは針は細いので気を遣いますね。

 

9
風防と押さえのリングを圧着します。
この頃のプラスティック風防(ドーム型)は味がありますね。

 

10
テンプの緩急針にて遅進調整を行います。 コレが付いているムーブメントは比較的調整が楽ですね。

11
裏蓋の刻印です。 『18K』の証ですね。
その横にOH済のサインをさせて貰います。

12

完成です。
ケースと風防にも磨きを掛けてキレイになりました。

ありがとうございました。

腕時計

掛時計

置時計