動かない時計、傷んだ時計直します。

腕時計・柱時計・置時計・アンティーク なんでもご相談ください

修理カルテ

ROLEX

● ROLEX GMT-MASTER 1560

長野市 M様からの依頼品

このGMT-MASTERには魅力的な逸話が多い。
まさに今回依頼の赤青ベゼルGMTマスターは石原裕次郎が『太陽にほえろ!』で
着用するなど公私共に愛用していたのは特に有名なモデル。

2000年にGMTマスターは生産終了となった為、 現在はⅠがなくⅡのみ存在する。

そこで今回の依頼品だが、 少し遅れるということでオーバーホールとリューズの修理。
リューズの件は日本ロレックスからもNGが出たとのこと・・・。
今や部品調達も難しいのか???

1

さて、OH開始です。
リューズのことが気がかりですが、
先ずはムーブメントのチェックを・・・

2

裏蓋を外してみました。
懐かしい王冠マーク入りのローターですね。
蓋裏面にはOHを何回かした軌跡があります。丁寧にメンテナンスしている証拠ですね(^^)

3

ムーブはキレイですね。
5~6年に1度くらいのペースで
OHしてるようです。

4

問題のリューズを外してみます。
ケース側の筒が外に飛び出てきてしまっています。

5

文字盤と各針です。
やはりココは年期を感じますね。

6

文字盤裏の日車なども腐食なくキレイです。現行のGMT-Ⅱとは中心の時針車(筒車)の形状が違いますね。

7

やはり現行とは違うところが沢山ありますね。

8

自動巻機構とローターを裏側から見たとこです。1番大きく動くローターは汚れが激しいですね。。。

9

各部品に選別分解しました。
現行のロレックスもそうですが、ガッチリ造ってありますね。

10

地板画像です。
ローターの軌道が黒く変色してますね。これは、腐食でも汚れでもないのですが、どうして変色したかは不明です。

11

機械式の原動力ゼンマイも
キレイに洗浄しました。
ロレックスで最も多い故障はゼンマイ絡みです。
しっかりと注油しておかないと切れてしまうことも・・・

12

1番車(香箱)~5番車(ガンギ車)の配置画像です。

13

「少し遅れる」ということでしたので、テンプのチラネジで遅進を調節します。沢山ネジがついていますが、テンワの回転バランスをとっています。

14

テンプはケースに入れてからも個別に取り外しが可能ですのです。
遅進調整が簡単に行えるようになっています。

15

問題のリューズですが、打ち込み式になっているリューズ受筒もありますが、
防水性を高めるために、 ねじ込み式になっています。
1度出てきてしまった受筒をねじ込むことは大変です。
上手くまわらないと、筒そのものを破損し兼ねません。
きっと筒そのものが製造中止になってしまっているのでしょう。
今回は上手くねじ込むことができました。
ムーブほどOHはし易いです。3135はその代表ってとこでしょうか?

16

今回もケース磨きをしました。勿論、荒削りといったケースそのものの形を
変えてしまうことはしません。
あくまでも、小傷を磨く程度です。

17

完成です。
リューズもしっかりと収まっていますね。

ありがとうございました。

腕時計

掛時計

置時計