動かない時計、傷んだ時計直します。

腕時計・柱時計・置時計・アンティーク なんでもご相談ください

修理カルテ

ROLEX

● ロレックス エアキング ノンデイト 1520

F様からの依頼品

長年OH(分解掃除)してないようですが、調子は悪くなさそうです。

1

預かり時の様子です。長年OHしてなかったようですが…

2

2~3回OHしてありますね。
特に汚れた感じもなくキレイです。

3

ローターと自動巻機構を外してみました。
1520は秒針押さえが旧式です。

4

全分解画像です。
ノンデイトの分部品数は少ないですね。。。

5

ゼンマイ(香箱)はやはり乾々ですね。 しっかりと洗浄・注油します。
数年に1度の洗浄・注油が長持ちの秘訣です!

6

何も無い地板に香箱・各歯車を組立てていきます。

7

文字盤裏はあと3つ歯車を組立てるだけですが、 デイトにも対応出来るように地板形成されています。

 

8

ローターと自動巻機構です。
ローター中心軸と緑丸印のところに注油を忘れないようにします。 1番動き、力が掛かる所です。

9

ムーブメントが完成しました。
このまま初期調整をします。

10

文字盤を付けて・・・

11

各針をつけます。
ロレックスはたいていデイトジャスト機構を採用していますので、3針と日付の関係に気を遣いますが、ノンデイトは3針のみにでOKです。

12

ケースもキレイに磨きをかけます。
勿論、角を落としてしまうほどはしません。

13

リューズも洗浄・注油しますが、
リューズのOリングにはシリコングリスを使います。
ネジ込みリューズの場合は必須です。

 

14

裏蓋のOリングが劣化していましたので、交換しておきました。
Oリング料金はOH料金内です。

15

ケースに入れて完成です。
この状態で最終遅進調整を行います。

16

これにてOH完了です。

ありがとうございました。

腕時計

掛時計

置時計