動かない時計、傷んだ時計直します。

腕時計・柱時計・置時計・アンティーク なんでもご相談ください

修理カルテ

ROLEX

● ロレックス シードウェラー Ref.1660


以前 セス・トーマスとロレックスデイトジャストの修理依頼を頂いた
N市 Y様 ご友人様からの依頼品です。

 

オーバーホール依頼です。
機械番号3135、Refは4桁のはずですが、ブレスレットは現行タイプ?
現在では文字盤下の文字が『SWISS-T<25』のものは無くなってしまいました
から、依頼品も貴重品と言えますね。

1

外見上はキレイに見えますが、油切れ具合はどんなでしょうか?
長年オーバーホールしてないと聞きましたが・・・

 

2

裏蓋を開けてみました。 右画像は自動巻機構を外した画像です。

 

3

シードやサブの文字盤はキレイですね。
勿論浸水の形跡もなく安心です。

4

この文字盤をキレイに撮影するのは結構苦労します。
ピカピカと反射してしまうので・・・。

5

ムーブメントの全分解画像です。

 

6

ゼンマイ(香箱)内も洗浄注油します。
左画像が洗浄前で右が洗浄後です。油粕がキレイになりました。

7

ムーブメントの組上げ画像(1~4)です。
1番車(香箱)から組上がっていく様子が分かります。

 

8

ムーブメントの組上げ画像(5~8)です。
アンクル・テンプ・自動巻機構が組み上がりました。

 

9

続いて文字盤裏の組上げ画像(1~4)です。
デイトジャスト機構が分かりますね。(画像緑丸)

 

10

やはり歯車軸は汚れていました。
いくらルビーで減らないような作りになっていてもこれ(画像左)では正確な時間は刻めません。

11

次に文字盤に各針をつけていきます。 文字盤に触れないよう気を遣います。

12

3本の針が互いに接触しないように固定します。

13

ケースに入れて遅進調整をします。 ロレックスはテンプのネジを直接調整するタイプが多いですね。 調整作業は時間を掛けて行います。

14

ブレスレットを装着して完成です。

ありがとうございました。

腕時計

掛時計

置時計