動かない時計、傷んだ時計直します。

腕時計・柱時計・置時計・アンティーク なんでもご相談ください

修理カルテ

SEIKO

● SEIKO 5 DX 

今回は、腕時計のオーバーホール(分解掃除)をご覧いただきます。
専門用語での解説でわかりづらいと思いますが、一度はお付き合いください。

1

SEIKO 5 DX
表面

    

2

裏面です。

3

現状の確認をします。

4

ムーブメントの確認をしながら
分解開始です。

5

部品ごとに分けていきます。

6

全ての部品がバラバラになりました。
1つずつ洗浄し組み立てていきます。

7

ムーブメントの全分解写真です。

8

表面(文字盤面)の全分解写真です。

9

ゼンマイ(香箱)です。
ここが1番汚れてしまいますね。
機械式時計の動力源です。

10

ゼンマイ洗浄・注油して
組み立て開始です。

11

ゼンマイ・ガンギ車・3番車・2番車・・・
と組み立てていきます。

12

自動巻機構もここで組み立てます。

13

左右どちらにローターが回転しても
巻き上げするようになっています。
(各社様々)

14

アンクルを取り付けます。

15

テンプ取り付け後、中心のダイアショックを外し、洗浄・注油します。
非常に小さな部品ですね。

16

穴石・受石・ショックバネの拡大写真です。
爪楊枝の頭が大きく見えますね。

17

受石の中心に注油して元に戻します。

18

ショックバネで穴石・受石を固定します

19

同様に表面(文字盤面)も洗浄・注油してテンプ完成です。
これで裏面(ムーブ面)の組み立ては完成です。

20

さて、表面(文字盤面)の組み立てに入ります。

21

日の裏車・筒かな・筒車・日ジャンパー・日回し中間車をつけます

22

日回しつめ・曜回しつめ・曜ジャンパーをつけます

23

日車を日車押さえにて可動固定します

24

曜車を止め座で可動固定します

23

文字盤を取り付けます。

24

文字盤にべゼルを取り付けて完成です

25

長年の使用により傷や汚れがついてしまいますね。

26

洗浄・磨きによりキレイになりました。

27

バンドがはまっているところです。
ココはどうしても汚れてしまいますね

28

こちらも同様に洗浄・磨きでキレイになりました。

29

ケースの傷や汚れも落とします。

30

洗浄・磨きによりコチラもキレイになります。

31

分解・組み立て・洗浄・磨きが終わったら、ムーブメントをケースに入れて、遅進調整をします。

32

遅進調整中です。
TIMEGRAPHER(タイムグラファー)という機械で調整します。旧型ですが、コレが1番!

33

テンプの緩急針にて遅進を調整します

34

時計の振動を『線』にして遅進を表します。

35

調整が終わったらローターを取り付けて完成です。

36

分かり難いと思いますが、
外見もピカピカになりました。

37

バンドも洗浄・磨きをかけます。
箇所によって伸びている部分があるので、こちらも修正します。

38

この『SEIKO 5』の刻印が大事ですね

完了です。
実際に腕に着けて遅進状態を確認します。

腕時計

掛時計

置時計