動かない時計、傷んだ時計直します。

腕時計・柱時計・置時計・アンティーク なんでもご相談ください

修理カルテ

SEIKO

● SEIKO LORD MATIC5601-9000 23J


N様 からの依頼品

 

私の後輩でもあるN様は大のSEIKOフリーク。
今回の依頼品も『LORD MATIC』表記タイプ。
LMはSEIKOを代表する機種です。

1

早速修理(オーバーホール)に取り掛かります。
自分で風防を購入し装着しようと試みたそうですが・・・。
この機種は圧着タイプの為断念したとのこと。
そうそう手で入るものではありませんね。防水という観点からも
難しいでしょうね。
↑何故難しいかは画像13・14で紹介致します。

 

2

ケース・風防・防水リング・ムーブメント本体・リューズを外しました。
どのパーツも外すのは比較的簡単ですね。。。
裏蓋一体型の1ピースケースは分解よりも組み立てに気を遣いますね。

 

3

ムーブメント本体です。
多少浸水跡がありますが、この年代のものとしては非常にキレイですね。

 

4

文字盤を外しました。
文字盤下のムーブメントはシンプルですね。
やはり長持ちする機種はデイト無しの方が良いのでしょうか?

5

ムーブメントの全分解画像です。

6

ゼンマイはキレイに洗浄してしっかり注油します。
ここがオーバーホールの最重要箇所です。
油が無いまま使用するとトラブルのもとになりますね。。。

 

7

ゼンマイは1度注油した後に巻いてみます。
油量が多過ぎても、少なくても良くないので、丁度良い油量になるよう
調節します。

 

8

ムーブメントの組上げ画像です。 SEIKOの王道ムーブですね。

 

9

テンプの『受』・『受石』も洗浄・注油します。
かなり小さな部品ですので、細心の注意を払います。 ちなみに右画像上は爪楊枝の頭です。

 

10

文字盤裏の組上げ画像です。
日付や曜日がないタイプですので、シンプルですね。

11

ムーブメントが組み上がったらケースに入れて針付けをします。
その後に遅進調整をします。
この辺が1ピースケースの大変なところで、裏蓋があれば良いのにと思いますが・・・。

12

調整が終了したら風防を装着します。
ここでは専用の器具を使います。
これが無いとテンションガラスを装着することは難しいですね。

13

その後ベゼルを圧着します。
この作業も専用の器具がないと難しいですね。

14

革ベルトを付けて完成です。
調子も良くなり通常使用可能になりました。

ありがとうございました。

腕時計

掛時計

置時計